HOW TO USE

クリスマスクラッカーの遊び方

二人で片方ずつ、クラッカーの両端を持って同時にメリークリスマス!の合図で強く引っ張り合います。
パンッ!ッという音がして中央の筒の部分を取った人が勝ち!中のモノがもらえます。
紙の王冠、日本語と英語のナゾナゾの書かれた紙、オマケプレゼントが入っています。イギリスではクリスマスパーティーや食事の間、全員が紙の王冠をかぶって王族気分で謎々やジョークを楽しんだり、プレゼントを交換したりして楽しく過ごします。
Enjoy your party with christmas crackers!

【注意】
お互いに伸ばした手でしっかりと距離をとって引っ張り合い、クラッカーを顔、特に目や耳から遠ざけること。クラッカーを分解しない。クラッカーから景品が飛び出す事があります。 小さな景品が入っているので、子供、特に3歳児以下は誤飲の恐れがあるので 触らせない事。 子供は必ず大人が一緒に使用する事、パンッという音がするので夜遅くの使用や音の不適切な静かな公共の場で使用しない事。 微量ですが火薬製品ですので使用上の注意を守って楽しくお使いください。

英国イギリスでは、クリスマスシーズンに絶対必需品で大人気の両引きタイプのクリスマスクラッカー。
オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、南アフリカなど英国連邦国でもクリスマスボンボンなどとも呼ばれ、 ホームパーティやレストラン、パブなどで楽しまれている年末恒例のパーティ必需品です。
中には紙の王冠、ジョークやなぞなぞの書かれた紙、そしておまけのプレゼントが入っています。
ぜひ英国式クリスマスクラッカーを日本でお試しください。

英国式クリスマスクラッカーを日本でお楽しみください!

日本では火薬取締法が厳しいため、このクリスマスクラッカーをそのまま輸入、販売することが出来ません。 また、通常のクリスマスクラッカーは中国製で、その火薬には硫酸水銀が入り、日本では安全テストに不合格になるそうです。 毎年、こっそりドキドキしながら郵便で雑貨として送ったり、飛行機で持ち込む人もあるようですが、火薬製品を飛行機に乗せる事は禁止されていますし没収され、 SF安全マークのない火薬製品を輸入することも販売することも禁止されています。 どうやったら、英国式クリスマスクラッカーを日本でも手に入れられるようになるだろう? 約1年以上かけて、日本の火薬を使って、日本煙火協会の安全SFマーク検査も合格した商品を作り、今年初めてご用意する事が出来ました。 初めての英語だけでなく、日本語ジョークなぞなぞ入り、安全SFマーク取得済みの「Made in Japan」日本で作られた英国式クリスマスクラッカー。 クリスマスシーズンは英国式クリスマスクラッカーで楽しいメリークリスマスを!